看護師不足が深刻な職場が多く、看護師の退職は引き留めにあったり、希望を聞いてくれないなど難しいと言われています。

看護師が働く職場には、病院、クリニック、介護施設などいろいろありますが、
ほとんどの職場では看護師が不足している状態ですよね。
多くの職場は、ギリギリの人数で業務を回しているので、その業務内容はとてもハードです。
考えてみれば当然の事なんですが、看護師が不足している職場というのは、一人一人の業務の負担が大きくなりますよね。
それに、残業が多くて休みの希望も通りづらいので、働きにくい職場になってしまいます。
これは悪循環だと思うんですけど、働きにくい職場だと、特にママさんナースや家庭と仕事を両立している方は、
働き続ける事ができないので、退職者が多くなりますよね。
そうすると、さらにスタッフが減ってしまうので、一人一人の負担が大きくなってしまいます。

 

独身であれば、どんなに残業が沢山あっても、希望通りの休みを取る事ができなくても、
プライベートの時間がなくなるだけですから、何とか頑張ってこなす事ができますよね。
でも、家庭を持っていると、なかなか仕事と家庭を両立させる事はできません。
ママさんナースの場合、子供のお迎えがあります。
残業続きの職場ではお迎えに間に合いませんから、退職せざるを得ないですよね。
組織的には、なんとか退職は避けてもらいたいので、退職願が出された時には、引き止めるのに必死なんですよね。
代わりのスタッフが決まるまで待ってほしいとか、何かしらの理由をつけられて、
退職願いをなかなか受理してくれない所が多いんですよね。
でも、転職をする際に、看護師の求人情報サービスを利用すると、コンサルタントさんが、退職の交渉を引き受けてくれるんです。
一日も早く退職したい場合には、看護師求人情報サービスを利用して転職する事をお勧めします。