患者さんや家族の看護師への要求って年々高まっている気がする・・・。クレームばかりの患者さんや家族の対応で、医療現場は崩壊に向かっているのですが・・・。

昔と違って、最近は、ドクターや看護師よりも、患者さんのほうが優位になっていますよね。
年配の看護師やドクターの中には、今でも患者さんに対して、上から目線の方もいますけど、
そのような対応をする方はかなり減っています。
現在は、患者さんはお客様のいう考え方なので、私達医療従事者は、患者さんに対して常に低姿勢な対応をしていますよね。
これは、とても良い事だと思うんですよ。
患者さんの立場に立って対応してくれる、という事ですから、それが病気の回復にも繋がるし、困った事や不安な事があれば、
気軽に相談する事ができます。
昔は、ドクターや看護師ってとても遠い存在で、患者さんが何か訴えるという事は、なかなか出来なかったと思うんです。

 

でも、そのように変化したのをいい事に、患者さんが強くなりすぎている、という感じがするんですよね。
患者さんや家族は、ちょっとした事でも、気に入らない事があると、すぐにクレームを言って来るんですよね。
クレームはほとんどが看護師に対してです。
態度が悪いとか、ナースコールの対応が遅いとか、患者さんは、看護師の事をお手伝いさんだと勘違いしている方が多く、
自分の気に入らない事があったり、思い通りに行かなかったりすると、文句を言ってくるんです。

 

私達看護師は、患者さんや家族に理不尽な事を言われても、黙っているしかないんですよね。
反論なんてとてもできません。
そんな事をしたら、またクレームを付けられてしまいます。
このままでは医療現場がどんどん悪い方向に進んでしまうと思いませんか?
もちろん、患者さんに対してサービスをする事は大切ですが、そのサービスの意味が違ってきているような感じがします。
このままでは、患者さんや家族との関わりが、ストレスになってしまいそうですよね。
02:11