看護師の都心部集中型はこれからも続きますね。地方だと万年看護師不足の病院がゴロゴロあります。看護師不足の病院は100%激務です!なんとかして、この地域格差!

看護師の求人情報を見ているとつくづく感じるんですが、都心部の病院の福利厚生って、本当に充実していますよね。
看護師寮や院内保育園を始めとして、リフレッシュ休暇、海外旅行、家族休暇、スポーツクラブやリゾート施設の優待など、
思わず飛びつきたくなってしまう待遇が沢山用意されています。
私は地方で看護師として働いているんですが、地方にも都心部の求人情報が沢山あるんですよね。
だから、独身で身軽に移動ができる看護師などは、条件の良さに誘われて、都心部に引越してしまう方も少なくないんです。>_<

 

でも、考えてみて下さい、地方の病院も看護師不足に悩んでいるんです。
だから、看護師が都心部に流れていってしまったら、地方の病院の看護師不足は、ますます加速してしまいます。
これはかなりの痛手なんですよね。
私が働いている病院も、看護師が不足しているので、月に6、7回の夜勤をこなしているんですよ。
ギリギリの人数で回しているので、1人でも欠勤がでてしまうと、他のスタッフがカバーしなくてはいけないんです。
そのような状況だから残業も多くて、有給休暇があっても取る事なんてまずできませんよね。
なんだか悪循環のような気がするんです。
休みが取れなくてリフレッシュする事ができないから、ストレスが溜まって職場を離れていく看護師もいるし、
余裕がないからピリピリしていて、職場環境は最悪です。
そんな職場に就職してくる看護師なんていませんよね。
特に地方の病院など、看護師が不足している職場は、かなりの激務を強いられるんです。
職場の独身看護師の中には、都心の病院に転職を考えている方が少なくありません。
地域によってこれほどの格差があるなんて、この状況をなんとかして貰いたいと思いますね。(T_T)